2014年12月の記事 (1/2)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマス無事終了~(;´∀`)

B5qfJc3CAAA1ceS.jpg

娘達へサンタさんからのプレゼントを渡し、ケーキを食べ、チキンも食べ、家族そろって今年もクリスマスを祝うことが出来ました。なんとか今年も無事に年を越せそうです(今のところは・・・)。

去年は29日の年末に車のバンパーをぶつけてしまって思わぬ出費が出てしまって、最後の最後に気持よく年をこすことが出来ませんでしたけど、今年はBOもプラス収支で調子良いし!
あとは何事も無く仕事納めが出来ればバッチリ!・・・なんですけど仕事の方では今年の入金予定のものが来年にズレてしまったり金額が合わなかったりでお金のトラブル続きです・・・。

皆さんも忙しい年末をお過ごしだと思いますが、2014年も最後まで頑張りましょう!

→お父さんが奮闘中のバイナリーオプションはコチラ
スポンサーサイト

バイナリーオプションを攻略。初心者でも出来る”目押し”の攻略法。

バイナリーオプションの初心者でも出来る簡単な攻略法があります。
正直これを「攻略法」と呼んでいいものなのか分かりませんが、多少なりとも勝率は上がった実感はあるので紹介させていただきます。

目押しで攻略

60秒の取引の場合は、目押しで狙って予想する方が攻略できると思います。
実際勝率はかなり高いので、使えると思います。

「目押し」と聞くと、パチンコやスロットなどでタイミングを合わせてボタンを押すといったイメージが湧くと思いますが、イメージとしては同じです。

それでは実際にやってみましょう。

ログインして、「トレード」→「1-2-5分」→「60秒」を選択。

バイナリーオプション60セカンズ攻略

↓の例をちょっと見てください。

バイナリーオプション60セカンズ攻略

吹き出し画像のところのように、チャートの動きが「横に動く」時がありますよね。
まずはここの部分が多い銘柄を見つけることです。

↓のように尖っているところが多いと、購入した時に絶対ズレるので、タイミングよく購入しにくいです。

バイナリーオプション60セカンズ攻略

ここで狙ったポジションで購入出来るか出来ないかで勝率は大きく変わってくると思います。

バイナリーオプション60セカンズ攻略

一度下降(もしくは上昇)した瞬間に購入すると、その次の動きの時に購入してしまう時があるので、そこから一度並行に移動した場合にのみ購入するようにすると上手くタイミングを合わせて購入することが出来ます。

予め購入金額とHIGHかLOWかは設定しておく必要があります。
あとは購入ボタンだけを押せるようにして、購入のタイミングを待つだけの状態にしておくということです。

私はEUR/GBPでLOWに5,000円をセットしておきました。
あとは 買う ボタンにカーソルを合わせてタイミングを待ちます・・・。

バイナリーオプション60セカンズ攻略

買います!!!!

バイナリーオプション60セカンズ攻略

↑1分のチャートに切り替わりました。残り20秒、このままLOWで終了し、¥5,000→¥8,500で勝利です。

バイナリーオプション60セカンズ攻略

この後も、調子が良かったので4連勝出来ました。
この日は60秒の取引だけで¥14,000プラスです。ちょっと他の取引で負けてるのもあったので、結局8千円くらいしか勝ててませんが・・・。
それでも60秒の取引を攻略できれば高確率で勝てるということがお分かりいただけたのではないでしょうか?

上記は全てBINARY60(バイナリー60)での取引画面を使用させて頂いております。
筆者が実際に利用しているバイナリーオプションの業者です。60秒の短期取引はもちろん、他にも「レンジ」、「アバブ/ビロー」、「ワンタッチ」など、色々な面白い取引があり、取り扱い銘柄も100以上あるのでかなりオススメです。
自分に合った銘柄や取引の種類など、見つかり易いと思いますので、初心者には特にオススメです。


おすすめ筆者が現在利用している
海外のバイナリーオプションはコチラ▼
→バイナリーオプション『BINARY60』

バイナリー60


出金回数:3回/出金総額:130万円
出金時にかかった時間それぞれ違うが、約1~2週間前後で完了。海外のバイナリーオプションサイトということだけで出金トラブルは付きまとうが、3度における出金履歴とその総額からして、確実に出金されるという事実があるだけでも一番信頼がおけるサイトと断定しています。

GMOのバイナリーオプションが攻略できない・・・。

GMOバイナリーオプション


GMOのバイナリーオプションは海外のバイナリーオプションと違い、終了時のレートだけでなく、スタート時のレートもある程度考えて判断しなくてはなりません。購入できるものは、現時点から5分未満にスタートするものと、10分未満にスタートするもののどちらかを購入出来ます。

例えば、

10:00スタートのものは、9:50~10:00までの間で購入出来ます。
10:00スタート値と終10:10の値で上か下かを判断します。


9:50の値に対してではありませんので注意しましょう。
購入する際、基準値すらまだわからない状態ということです。

取引時間も開始から3時間後の判定時刻に円高(↓)となっているか円安(↑)となっているかを予想することになっていますので、従来よりは比較的長めのトレードとなる場合が多そうです。ただ、判定時刻の2分前までチケットの購入や途中売却はできますので、そういった意味では2分後の結果を予想するといったトレードです。

さらに、ペイアウト(払い戻し)も大きく変更され、チケット1枚辺り1,000円固定となっています。いくらでチケットを購入しようが、最終的に的中した場合、1,000円になって払い戻されるので、できるだけ安い価格でチケットを買うということも考えておきたいところでしょう。

まとめ

最近は勝てている話を全く聞かなくなったGMOのバイナリーオプション。
バイナリーオプションは『客が勝つ=クリックが負ける→ルールが厳しくなる』というシステムを理解しなくてはなりません。GMOのバイナリーオプションも開始当初と比べると、指標封じや倍率低下など、改悪が進んでいます 。

出金については安心ではあるが・・・

出金等の話になると、国内の業者に期待したいところです。実際、国内バイナリーオプション業者として有名な外為オプションは手数料もかからない。ということで 安心の国内業者。と思いたいところですが、実際はやはり 国内でもトラブルは多数報告されています。銀行間とのやりとりのため、入金、出金には それなりの時間がかかることや日本語でのサポートは完璧ながらも土日や休みというのは残念なところです。



おすすめ筆者が現在利用している
海外のバイナリーオプションはコチラ▼
→バイナリーオプション『BINARY60』

バイナリー60


出金回数:3回/出金総額:130万円
出金時にかかった時間それぞれ違うが、約1~2週間前後で完了。海外のバイナリーオプションサイトということだけで出金トラブルは付きまとうが、3度における出金履歴とその総額からして、確実に出金されるという事実があるだけでも一番信頼がおけるサイトと断定しています。

バイナリオプションの取引の種類

ハイローオプション


ハイ/ロー


ハイローバイナリーオプションの取引の中で一番オーソドックスな取引です。
取引開始時のレートが、取引終了時には「上がっている」か「下がっている」かを予想する取引です。

60秒、2分、5分、などの短期の取引もあり、短い時間で結果が出ることで人気の取引です。

アバブ/ビロー


アバブビロー取引開始時のレートが、取引終了時までに定められた一定のレートを「越える」か「越えない」かを予想する取引です。

アバブは規定の値より上であることを言います。ハイローのハイと近いがハイローにスプレッドを足したものをアバブビローと呼びます。

ワンタッチ取引


タッチ/ノータッチ


タッチノータッチ購入時のレートが取引終了時までに定められた一定のレートに「達する」か「達しない」かを予想する取引です。


タッチ

ターゲットレートにレートがタッチした時点で取引終了(利益確定)となります。他にターゲットレートが現在値より下(下落を予測)の取引もあります。


ノータッチ

ターゲットレートにレートがタッチした時点で取引終了(損失確定)となります。他にターゲットレートが現在値より下(下落を予測)の取引もあります。

ワイドタッチ


ワイドタッチ基本的には「タッチ/ノータッチ」の取引と同じです。違いは「タッチ/ノータッチ」よりも現在値から離れた値幅(タッチする可能性が低い=リターン率が高い)となります。


タッチ

ターゲットレートにレートがタッチした時点で取引終了(利益確定)となります。他にターゲットレートが現在値より下(下落を予測)の取引もあります。


ノータッチ

ワイド・タッチには「ノータッチ」の取引はありません。

レンジ取引


レンジ


レンジ取引開始時のレートが、上下に設定された値幅の範囲に対して「範囲内」か「範囲外」かを予測する取引です。

イン

取引終了時に「イン」であれば利益確定となります。


アウト

取引終了時に「アウト」であれば利益確定となります。取引終了時間までにターゲットレートにレートがタッチしても取引は終了しません。


ワイドレンジ


ワイドレンジ基本的には「レンジ」の取引と同じです。設定される値幅の範囲が「レンジ」より広い範囲(アウトの可能性が低い=リターン率が高い)となります。



イン

ワイド・レンジには「イン」の取引はありません。

アウト

取引終了時間までにターゲットレートにレートがタッチしても取引は終了しません。




おすすめ筆者が現在利用している
海外のバイナリーオプションはコチラ▼
→バイナリーオプション『BINARY60』

バイナリー60


出金回数:3回/出金総額:130万円
出金時にかかった時間それぞれ違うが、約1~2週間前後で完了。海外のバイナリーオプションサイトということだけで出金トラブルは付きまとうが、3度における出金履歴とその総額からして、確実に出金されるという事実があるだけでも一番信頼がおけるサイトと断定しています。

バイナリーオプションの3つのメリットとデメリット

バイナリーオプションはとても簡単でシンプルな取引が行える投資です。投資初心者でも比較的気軽に始めることが出来るのが人気の理由です。

「取引自体の仕組みが簡単である」ということもメリットのうちの一つですが、これだけではそこまでの人気が出ることはないでしょう。ということで、今回はバイナリーオプションのメリットとデメリットについて説明したいと思います。

メリット


【1.】短時間で行える

バイナリーオプションメリットバイナリーオプションは、他の投資に比べて取引自体の時間がとても短く済みます。
「バイナリー(Binary)」とは英語で「2つの」、「2進数の」という意味である通り、取引が「上がるか」「下がるか」の2択問題です。よって、投資に関する高い知識が無かったとしても利益を得られる可能性が十分にあるのです。

更に、海外のバイナリーオプションに限ってですが、エントリーが24時間いつでも可能で、空いた時間や自分の好きな時間にいつでも取引が出来るのです。
2択から選ぶのみの取引ですので、FXや株式投資のように、売るタイミングや買うタイミングを自分で判断して決済する必要がありません。これは精神的にかかる負担が少なく済みますので有難いと言えるところではないでしょうか。


【2.】リスクが限定的

バイナリーオプションメリットFXや株式投資と比べると、バイナリーオプションのリスクは非常に低く抑えることが可能です。
取引を始める前から「最高利益額」と「最低損失額」が確認できるのです。それを始めから理解した上で取引を始めることが出来るのでリスクが限定的であります。投資初心者の方でも有利な取引ができるのです。


【3.】少額でハイリターンが望める

バイナリーオプションメリットこれはバイナリーオプションの最大のメリットと言っても過言ではありません。当然リスク管理は重要ですが、バイナリーオプションは少しでの値動きでも利益を出すことが可能です。
値動きの幅で利益を出すFXや株式投資と違って、バイナリーオプションは値動きが「上がるか」「下がるか」を予想する投資です。予想が当たればたとえば少額でもハイリターンが望めます。


デメリット


【1.】オールオアナッシング

バイナリーオプションデメリットバイナリーオプションの取引は「全て」か「無し」かです。バイナリーオプションには中途半端がないのです。
「予定していた利益金額に比べて少しだけ儲けた」や「予定していた損失金額に比べて少しだけ負けた」という事はなく、「すべて勝ち」か「すべて負け」になります。100か0です。これは、バイナリーオプション取引の特長なんです。

バイナリーオプションを始めたばかりの方は、最初は取引金額を低く設定して、利用する方が多いのですが、少し予想の的中が続いたり、コツを掴み始めた頃に、大きく料金を吊り上げて取引される方も多く存在しています。
バイナリーオプションは株やFXとは違い、一度、取引金額を申し込むと、もし予想が外れた場合は、そのままそのお金はなくなってしまいます。

株やFXなどの場合は、損切などの調整で最低限の資金を残したまま売ることが可能ですが、バイナリーオプションは違います。取引金額を最初に設定して、損益が分かる反面、取引金額を多めに設定して申し込んだ場合、予想が的中しなければ絶対になくなってしまうデメリットが存在しています。


【2.】一日に何度も取引が出来る

バイナリーオプションデメリットバイナリーオプションの投資は、取引時にかかる金額も時間も、他の投資に比べると安いし早いです。そして、一日何度も取引が可能なので、もし損益を出しても次の取引で取り返せる可能性も十分に秘めています。

しかし、何度も取引可能な上で多くの取引を小額でした場合、もしすべての取引に失敗するとなると1日の損益は大きく膨らみ、多くの負債を背負う結果にもなりかねません。
お金がなくなれば、なくなった分お金を取り戻そうとヤケになってしまう可能性もあるのです。一回の取引、一日の損益計算などの資金管理をきちんと行い、ダメならダメと一歩引いて取引できる余裕があれば良いのですが、バイナリーオプションの「何度でも取引できる」という一見メリットにも聞こえるこのシステムが、時にあなたに多大なデメリットを生む場合もあるということを覚えておきましょう。


【3.】勝率50%を超えなければ負けてしまう

バイナリーオプションデメリットバイナリーオプションでは投資家から投入された資金のすべてが配当に回ることはありません。一部は証券会社の利益となります。もっとも、すべてが配当に回らないのは宝くじや競馬でも同じことです。冷静に投資を行えば、利益に結びつかせることは十分可能です。

とにかく、バイナリーオプションでは勝率50%オーバーを維持しなければなりません。そこで重要とされるのが、業者ごとに決められているペイアウト率というわけです。投資金、取引条件、ペイアウト率、これらのバランスをよく考え、利益を出していくメリットの高い計画を立てましょう。




おすすめ筆者が現在利用している
海外のバイナリーオプションはコチラ▼
→バイナリーオプション『BINARY60』

バイナリー60


出金回数:3回/出金総額:130万円
出金時にかかった時間それぞれ違うが、約1~2週間前後で完了。海外のバイナリーオプションサイトということだけで出金トラブルは付きまとうが、3度における出金履歴とその総額からして、確実に出金されるという事実があるだけでも一番信頼がおけるサイトと断定しています。

バイナリーオプションとは?

バイナリーオプションとは

バイナリーオプションは英語で「Binary Option」といわれていて、通貨ペアや株価など、市場にある取引可能な銘柄のレートが今よりも高くなるか安くなるかを単純に予想する外国通貨取引の1種です。
外国通貨取引と聞くと一見高い専門知識が無いとできなそうなイメージを持ちますが、バイナリーオプションは非常に簡単で手軽にできる投資方法です。FXや株式と同じ投資の1種ではありますが、他の投資に比べてシンプルな取引となっております。

バイナリーオプションはよく、トランプの「ハイロー」というゲームに例えられます。

バイナリーオプションとは

例えば、場に数字の「4」のカードが出ていて、次に山場から引くカードが「4」よりも「大きい」か「小さい」かを予想します。これがトランプの「ハイロー」というゲームです。

バイナリーオプションの取引はこの仕組みに非常によく似ていて、トランプで言う「数字」の部分が「今現時点の為替相場」にあたります。そして今から数分後に為替相場が現時点の数字よりも「上がるか」「下がるか」を予想するのです。

バイナリーオプションとは

要するに、今より「円高」になるか「円安」になるかを予想するのですね。答えは2択です。

決めた予想が合っていれば、事前に確認したリターンがあって、反対に行ってしまうと投資金が没収されてしまう、という流れになります。
基本的にはこの2つのどちらかの選択肢なので、投資や市況グラフなどが分からない初心者の方にも利用しやすいという点がこの数年バイナリーオプションの人気の秘密だといえるでしょう。

基本的には上記で説明したトランプのハイローのような取引だと思って頂いて構いませんが、上記以外にも様々な取引の方法があります。
取引の種類にについて詳しくはコチラ→バイナリーオプションの取引の種類

バイナリーオプションのメリットとは?

■ 投資前に「いくらが投資額でいくら期待利益があるのかが」わかる
■ 10-30分くらいの短期投資
■ 500円~1000円ほどの小額から始められる
メリット・デメリットについて詳しくはコチラ→バイナリーオプションの3つのメリットとデメリット

バイナリーオプションはこんな人に合うかも

バイナリーオプションはぶっちゃけて言うと、花占いに「好き、嫌い」がありますが、これとおなじように思いつきでどちらにするか予想した場合でも、半分の確率で利益を上げることができる、そういう投資商品なんです。

ではこの確率をどうやってあげていくか?

ここにチャートやグラフをよくみて研究するというものが必要になってくるんですね。てんでんバラバラに何でもかんでも投資していくような姿勢では利益を上げていくことはできません。それではギャンブルとなにも変わらなくなってしまいます。

そのため、中・長期的にちゃんと利益を上げていくことを目的とできる方にはとても向いている投資商品といえるでしょう。

【1.】会社勤めのサラリーマンやOLなど平日自由な時間が少ない方

会社勤めのサラリーマンやOLなど平日自由な時間が少ない方バイナリーが派生してきたのは、FX取引のおかげだと考えられていますが、そのFXではチャート動向をPCにかじりついて長時間眺めている必要があります。いくらMT4・メタトレーダーを利用していても結構PC拘束時間が長いのが事実です。

会社やオフィスで仕事をしている多くの方にはこの時間がなかなか取れないというのがネックですね。バイナリーオプションでは満期時間というのが事前にちゃんと設定されているので、ずっとPCとにらめっこしている必要がありません。忙しい時はポジションだけとって外出し、結果は家に帰ってきてから確認すれば良い、そういう投資方法もできるのがバイナリーオプションです。


【2.】クロージングが苦手で、損切りベタな方

クロージングが苦手で、損切りベタな方FXとの大きな違いは、売買時期という満期時間が事前に決まっていることです。そのため「保有ポジションをいつ売ればいいのか分からない!」や「損が出てるんだけど、上がるのを待っているうちにズルズルと損が膨らんでしまった!」なんていうことがありません。

あくまで上に行くのか、それとも下に行くのかを予想することがあなたのやることで、それ以外はすでにシステムが決定してくれます。


【3.】軍資金があまり用意できない方

軍資金があまり用意できない人どれだけ投資をしたくても、その最低参加限度が何100万円だったら実際に参加するのは難しいですよね。バイナリーオプションは最少で500円から投資が始められます。もちろん、少なければ少ないほど、利益が出たときの額も少なくなります。

でも、投資への敷居が低いのはとても参加しやすくて良いですね。




おすすめ筆者が現在利用している
海外のバイナリーオプションはコチラ▼
→バイナリーオプション『BINARY60』

バイナリー60


出金回数:3回/出金総額:130万円
出金時にかかった時間それぞれ違うが、約1~2週間前後で完了。海外のバイナリーオプションサイトということだけで出金トラブルは付きまとうが、3度における出金履歴とその総額からして、確実に出金されるという事実があるだけでも一番信頼がおけるサイトと断定しています。

60秒(60セカンズ)を目押しで攻略してみようと思います。

バイナリーオプションの代名詞とも言われる60秒の短期取引を攻略してみたいと思います。
早いし簡単だしすぐ出来るこの取引を攻略できればどんなに楽に稼げることか。

ただ、60秒だからトレンド読むとか正直皆無です・・・。
運要素が強い60秒の取引を攻略するのは難しいです。

目押しで攻略

60秒の取引の場合は、目押しで狙って予想する方が攻略できると思います。
実際勝率はかなり高いので、使えると思います。

「目押し」と聞くと、パチンコやスロットなどでタイミングを合わせてボタンを押すといったイメージが湧くと思いますが、イメージとしては同じです。

それでは実際にやってみましょう。

ログインして、「トレード」→「1-2-5分」→「60秒」を選択。

バイナリーオプション60セカンズ攻略

↓の例をちょっと見てください。

バイナリーオプション60セカンズ攻略

吹き出し画像のところのように、チャートの動きが「横に動く」時がありますよね。
まずはここの部分が多い銘柄を見つけることです。

↓のように尖っているところが多いと、購入した時に絶対ズレるので、タイミングよく購入しにくいです。

バイナリーオプション60セカンズ攻略

ここで狙ったポジションで購入出来るか出来ないかで勝率は大きく変わってくると思います。

バイナリーオプション60セカンズ攻略

一度下降(もしくは上昇)した瞬間に購入すると、その次の動きの時に購入してしまう時があるので、そこから一度並行に移動した場合にのみ購入するようにすると上手くタイミングを合わせて購入することが出来ます。

予め購入金額とHIGHかLOWかは設定しておく必要があります。
あとは購入ボタンだけを押せるようにして、購入のタイミングを待つだけの状態にしておくということです。

私はEUR/GBPでLOWに5,000円をセットしておきました。
あとは 買う ボタンにカーソルを合わせてタイミングを待ちます・・・。

バイナリーオプション60セカンズ攻略

買います!!!!

バイナリーオプション60セカンズ攻略

↑1分のチャートに切り替わりました。残り20秒、このままLOWで終了し、¥5,000→¥8,500で勝利です。

バイナリーオプション60セカンズ攻略

この後も、調子が良かったので4連勝出来ました。
この日は60秒の取引だけで¥14,000プラスです。ちょっと他の取引で負けてるのもあったので、結局8千円くらいしか勝ててませんが・・・。
それでも60秒の取引を攻略できれば高確率で勝てるということがお分かりいただけたのではないでしょうか?

上記は全てBINARY60(バイナリー60)での取引画面を使用させて頂いております。
筆者が実際に利用しているバイナリーオプションの業者です。60秒の短期取引はもちろん、他にも「レンジ」、「アバブ/ビロー」、「ワンタッチ」など、色々な面白い取引があり、取り扱い銘柄も100以上あるのでかなりオススメです。
自分に合った銘柄や取引の種類など、見つかり易いと思いますので、初心者には特にオススメです。


おすすめ筆者が現在利用している
海外のバイナリーオプションはコチラ▼
→バイナリーオプション『BINARY60』

バイナリー60


出金回数:3回/出金総額:130万円
出金時にかかった時間それぞれ違うが、約1~2週間前後で完了。海外のバイナリーオプションサイトということだけで出金トラブルは付きまとうが、3度における出金履歴とその総額からして、確実に出金されるという事実があるだけでも一番信頼がおけるサイトと断定しています。

パタゴニアが100%トレーサブルのダウンを発表。

最近一気に冷え込んできましたね。
そろそろ東京でも雪がふりそうな予感です。

すでにチラリと初雪は観測されたみたいですが、こう、もっと、
ガツン!っとふるのはもう少し先になりそうですね。

ということで先日ユニクロでウルトラライトダウンを見ていました。
手には取ったものの、結局買いませんでした。
4年くらい使ってるダウンまだ使えるし。

そんな中、先日ダウンのメーカーとしても有名なパタゴニアが
100%トレーサブルのダウンを発表しました。


ダウンの真相:パタゴニアが100%トレーサブル・ダウンを発表
http://www.thecleanestline.jp/2014/11/lowdown-on-down-patagonia-introduces-100-traceable-down.html


down9_20140108224352a64.jpg


この記事と紹介されている動画を見て、
なんかこないだユニクロでダウンを買わなかったことが正解だった
ような気がしました。

単純に「かわいそう」の一言で済ませてよいものではないと思う。
上手く言えないけど、これはきっとダウンに限ったことではなくて、
人間の私利私欲のためにたくさんの動物や自然が犠牲になっているのだと思う。
私は、身の回りにあるモノのこと「知って、大切にする」ことぐらいしかできないけど、
一人一人が消費者として、大量生産、大量消費、大量破棄というサイクルについて
行動を変える時代が来たのだと思う。

以上、
お父さんでした

→お父さんが奮闘中のバイナリーオプションはコチラ

バイナリーオプション攻略必勝法研究所!稼げる時間帯を攻略せよ!

今回は、バイナリーオプション攻略にとって非常に重要なポイントとなる、取引時間帯について説明していきたいと思います。
なお、ここでは、分かりやすくするためにバイナリーオプション取引の主要な銘柄を構成する、為替の市場取引時間に関して解説します。

バイナリーオプション勝てる時間帯

みなさんは既にご存知かもしれませんが、為替市場に大きく影響を与えているのは、世界3大市場である東京(日本)、ロンドン(イギリス)、ニューヨーク(アメリカ)、この3つの市場です。これらの市場がオープンしている間は、主要な経済指標が発表されることもあり、とりわけ活発に為替取引が行なわれます。

世界3大市場

ですから、これら3市場の時間帯の特徴を知ることが、バイナリーオプション取引攻略のキーポイントであるといえるでしょう。

3大市場が開いている時間は以下の通りです(時間は日本時間で表示しています)。

東京市場は09:00~18:00
ロンドン市場は18:00~03:00(夏時間は17:00~02:00)、
ニューヨーク市場は23:00~08:00(夏時間は22:00~07:00)です。


この3大市場がオープンしている時間帯は、取引が活発に行なわれます。このため流動性も高く、レートが大きく振れる時間帯であると言われています。つまり、攻略しやすい時間帯と言えるのです。
ただし、この時間帯の間がずっと攻略しやすい時間帯というわけではありません。この時間帯の中でも特に稼ぎやすい時間帯というものがあります。それをここではご紹介していきます。

具体的な時間帯は?

バイナリーオプション勝てる時間帯の第1の時間帯は9:00~10:00頃です。この時間帯は、東京市場で活発に為替取引が行なわれます。
とりわけゴトー日(日付が5の倍数の日)と呼ばれる日は、銀行の仲値(その日の為替レートとみなす価格)決定時間(9:55頃)までの取引が活発なため、トレンドの傾向を読み切ることができれば、攻略することが可能です。

次の時間帯は18:00~19:00(夏時間はPM17:00~18:00)です。
この時間帯はロンドン市場が開始される時間です。世界中の市場で最も多くの金額が動くこの為替市場では、数多くの投資家やディーラーが積極的に取引を行なうので、レートの振れ幅が大きくなります。また、ユーロ圏の経済指標が発表されるのもこの時間帯です。指標の結果次第ではレートが大きく動きます。

最後の時間帯は23:00~01:00(夏時間は22:00~00:00)です。この時間帯はニューヨーク市場が開始される時間でもあり、かつ、世界最大のロンドン市場が開いている時間帯が重なるということもあって、1日のうちで最も取引が活発になる時間帯です。
世界第一位の経済大国アメリカの経済指標発表もこの時間帯に行なわれますし、01:00(夏時間は00:00)にはロンドン・フィキシングがあります。
ロンドン・フィキシングとは、日本語では「値決め」のことで、この時間に有価証券などの決済に絡んだ取引が行なわれるため、レートの動きが大きくそして荒くなります。)

バイナリーオプションに勝てる時間帯の解説

上記ではバイナリーオプションで勝てる時間帯の3つを紹介しました。
なぜ、この時間帯が勝てる、バイナリーオプションをやりやすいのかと言うと、この3つの時間帯は1日の活動を活発に行なっていない時間だからとも言えます。


世界3大市場まず第1の時間帯の9:00~10:00
これは働いている人の通勤する時間でもあります。最近バイナリーオプションは外に出ても利用できるようにスマートフォンなどでも取引が可能になりましたね。
この通勤の時間を利用してバイナリーオプションをすることができると考えられます。

世界3大市場第2の時間帯の18:00~19:00
この時間帯は仕事を終えて帰宅するという時間でもあります。第1の時間帯の時のように、帰宅中に手が空いているならば、バイナリーオプションを利用できますね。

世界3大市場最後に第3の時間帯の23:00~01:00
この時間帯は多くの人が1日の終わりのゆっくりする時間帯ではないでしょうか。就寝前の時間にぴったりだと考えられます。
就寝する前にバイナリーオプションで取引をして1日を終了してみてはいかがですか?


これら3つの時間帯で、これまでに紹介したバイナリーオプション取引のハイローやレンジのアウト等を狙えば、攻略の可能性が高くなることはご理解いただけると思います。
この記事の内容を有効に活用して、バイナリーオプション取引を行う時間帯を決め、さらには攻略して利益を上げていただけたらと思います。



おすすめ筆者が現在利用している
海外のバイナリーオプションはコチラ▼
→バイナリーオプション『BINARY60』

バイナリー60


出金回数:3回/出金総額:130万円
出金時にかかった時間それぞれ違うが、約1~2週間前後で完了。海外のバイナリーオプションサイトということだけで出金トラブルは付きまとうが、3度における出金履歴とその総額からして、確実に出金されるという事実があるだけでも一番信頼がおけるサイトと断定しています。

バイナリーオプションで稼ぐには!基本中の基本ッッッ!

30分足、5分足のチャートを見よう


直前の30分足5分足のチャートを見て、直前のトレンドをしっかりと把握しましょう。
バイナリーオプションは、最短で60秒、長くても数分から数十分の外国為替相場の動きを予想するといった、短期集中型の投資法です。
株やFXのように、長期的なトレンドの傾向を見ることももちろん重要ですが、バイナリーオプションの場合は購入直前の値動きを見ることの方が重要かもしれません。

例えばですが、長期的に連日ドル安が続いていたとしましょう。この長期的な動きを1日、半日、1時間、30分という細かい時間帯で分けて見てみると、一時的にですがドル高になっているという局面もあることに気付くでしょう。
月足や、週足で長期的なトレンドを探る中で、30分足、5分足を見て直前の値動きもしっかりと掴むことができます。

初心者でも出来る!陰線と陽線の割合でトレンド傾向を見抜け!!


バイナリーオプション初心者の方でも、すぐにでも実践できる簡単な「ローソク足」の読み方がありますので、紹介させていただきたいと思います。

それは、「陰線」「陽線」の割合を見ることです。

-陰線と陽線-


陰線と陽線

「陰線」とは始値に対し終値が安い物、「陽線」とは始値に対して終値が高い物です。陽線が陰線より強いのは言うまでもありません。
上昇相場では陽線が多くなり、下降相場では陰線が多くなります。 また極めて大切な足の一つには「寄引同時線」があります。終値と始値が同値で実体部分のない足で、相場の転機に出ることが多いのが特徴です。
※ローソク足チャートの詳しい見方はローソク足チャートの見方をお読みください。

例をあげて説明します。例えば、購入前に、現時刻の5時間前の30分足のローソク足を見てみましょう。30分足なのでローソクの数は計10本です。この10本のローソクの中に、陽線(白)と陰線(黒)が何本ずつあるのかを調べます。

上昇トレンドチャート

仮に、この図のように10本のうち8本が陽線だったとしましょう。この場合、現時刻から5時間前までの時間に限っては上昇トレンドにあったと言えるでしょう。逆の場合であれば下降トレンドだったということです。

チャートの意味を理解すれば勝率50%以上も夢じゃない?!


もちろん、購入後にトレンドが転換しないとは限りません。しかし、過去5時間のトレンドと週足・月足で見たトレンドが一致していた場合を考えてください。少なくとも、この場合「上がる」か「下がる」かの確率は50%ではないはずです。

絶対ではありませんが、確率で考えると可能性のパーセンテージは50%を上回るのではないでしょうか。不安な方は30分だけでなく、5分足を同じように見れば、より短期のトレンドの傾向がつかめることかと思います。

上昇トレンドチャート
ローソク足の組合せを見ることによって今後の値動きを予測することも可能です。詳しくはローソク足の組合せを分析をお読みください。


おすすめ筆者が現在利用している
海外のバイナリーオプションはコチラ▼
→バイナリーオプション『BINARY60』

バイナリー60


出金回数:3回/出金総額:130万円
出金時にかかった時間それぞれ違うが、約1~2週間前後で完了。海外のバイナリーオプションサイトということだけで出金トラブルは付きまとうが、3度における出金履歴とその総額からして、確実に出金されるという事実があるだけでも一番信頼がおけるサイトと断定しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。