スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイナリオプションの取引の種類

ハイローオプション


ハイ/ロー


ハイローバイナリーオプションの取引の中で一番オーソドックスな取引です。
取引開始時のレートが、取引終了時には「上がっている」か「下がっている」かを予想する取引です。

60秒、2分、5分、などの短期の取引もあり、短い時間で結果が出ることで人気の取引です。

アバブ/ビロー


アバブビロー取引開始時のレートが、取引終了時までに定められた一定のレートを「越える」か「越えない」かを予想する取引です。

アバブは規定の値より上であることを言います。ハイローのハイと近いがハイローにスプレッドを足したものをアバブビローと呼びます。

ワンタッチ取引


タッチ/ノータッチ


タッチノータッチ購入時のレートが取引終了時までに定められた一定のレートに「達する」か「達しない」かを予想する取引です。


タッチ

ターゲットレートにレートがタッチした時点で取引終了(利益確定)となります。他にターゲットレートが現在値より下(下落を予測)の取引もあります。


ノータッチ

ターゲットレートにレートがタッチした時点で取引終了(損失確定)となります。他にターゲットレートが現在値より下(下落を予測)の取引もあります。

ワイドタッチ


ワイドタッチ基本的には「タッチ/ノータッチ」の取引と同じです。違いは「タッチ/ノータッチ」よりも現在値から離れた値幅(タッチする可能性が低い=リターン率が高い)となります。


タッチ

ターゲットレートにレートがタッチした時点で取引終了(利益確定)となります。他にターゲットレートが現在値より下(下落を予測)の取引もあります。


ノータッチ

ワイド・タッチには「ノータッチ」の取引はありません。

レンジ取引


レンジ


レンジ取引開始時のレートが、上下に設定された値幅の範囲に対して「範囲内」か「範囲外」かを予測する取引です。

イン

取引終了時に「イン」であれば利益確定となります。


アウト

取引終了時に「アウト」であれば利益確定となります。取引終了時間までにターゲットレートにレートがタッチしても取引は終了しません。


ワイドレンジ


ワイドレンジ基本的には「レンジ」の取引と同じです。設定される値幅の範囲が「レンジ」より広い範囲(アウトの可能性が低い=リターン率が高い)となります。



イン

ワイド・レンジには「イン」の取引はありません。

アウト

取引終了時間までにターゲットレートにレートがタッチしても取引は終了しません。




おすすめ筆者が現在利用している
海外のバイナリーオプションはコチラ▼
→バイナリーオプション『BINARY60』

バイナリー60


出金回数:3回/出金総額:130万円
出金時にかかった時間それぞれ違うが、約1~2週間前後で完了。海外のバイナリーオプションサイトということだけで出金トラブルは付きまとうが、3度における出金履歴とその総額からして、確実に出金されるという事実があるだけでも一番信頼がおけるサイトと断定しています。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。